転職体験談

転職体験談!「居宅ケアマネから特養生活相談員・施設ケアマネへ」

転職体験

こんにちは!しん(@shinbloger)です。

この記事は、介護転職された方の転職体験の記事になります。

今回は、居宅ケアマネジャーから特養生活相談員・施設ケアマネジャーへ転職されたてんぱまるさんの転職体験談です。

 

自己紹介

てんぱまるさん 30代 男性

居宅ケアマネジャーから特養生活相談員・施設ケアマネジャーへ転職しました。

 

 

転職のキッカケを教えて下さい。

「これまでとは違う職種で仕事がしたい」との思いが強くなり、10年の節目で自身の成長を目的に転職しました。

 

転職前に不安だったことはありますか?

「円満退職できるだろうか?」「新たな環境で良い人間関係が築けるだろうか?」「自分の力量で新しい職種が務まるだろうか?」という不安がありました。

 

転職してよかったこと、悪かったことは何ですか?

良かったこと:「介護・福祉を俯瞰してみる視点」が養われました。

「もっと学びたい」「役に立ちたい」「仕事が楽しい」と思う機会も増えました。

 

悪かったこと:職種自体が変化したことも影響し、時間外労働が増えました。

体調を崩しそうになる場面もありました。

 

介護に関する今後の目標を教えてください。

人生会議(ACP)を普及させたい。

また、ソーシャルワーカー×心理師として、高齢者領域における心理職の可能性について見出したいです。

 

さらには「福祉×心理リテラシー」が高まるノウハウを発信し、みなさんの人生が豊かになるお手伝いがしたいです。

 

以上

-転職体験談

© 2022 介護の転職エージェント完全ガイド