エージェントから探す

カイスケは未経験でも利用できる|その理由やおすすめの仕事も紹介します。

カイスケ

悩む人
カイスケは介護の有資格者限定のアプリだから、介護未経験だと利用はできないですか?ある程度経験が必要でしょうか?

そんな悩みにお答えします。

 

カイスケは、介護の有資格者限定の単発バイトアプリで、初任者研修や実務者、介護福祉士などの介護の資格を持っていれば働くことができます。

しかし、介護の資格は持っているけど介護の経験がない方もいると思います。

そんな方にとっては、カイスケが利用できるかは不安な点ですね。

 

結論を言うと、カイスケは未経験でも利用できます。

この記事では、カイスケが未経験でも利用できる理由と未経験者におすすめの仕事も紹介します。

記事を読めばカイスケの理解度が深まります。

かいすけ画像

カイスケを無料登録する

 

この記事を書いている人

ロヒ(@456U5)さん

・介護士歴17年以上、現在は本業で特養の介護職として勤務しています。

・副業としてカイスケを利用中で、利用期間1年以上。

・カイスケのトータル仕事数185件以上、月間30件以上。

・カイスケを運営するカイテク株式会社の取材を受けた経験もあります。

介護未経験でもカイスケが利用できる理由

カイスケは介護の有資格者限定の単発バイトアプリです。

そして、仕事内容は食事介助、排泄介助、入浴介助などの介護の仕事がほとんどです。

なので、カイスケは未経験者には利用は厳しいのではないかと思っている方もいるのではないでしょうか?

 

冒頭でも書きましたが、カイスケは未経験でも利用できます。

なぜなら、カイスケスタッフを受け入れる介護施設側も受け入れ態勢整えてくれているからです。

 

具体的には、担当者をつけてくれてそばで一緒に介護をしてくれたり、事前にアセスメントを共有してくれたり、難しい介護はさせないように配慮してくれてます。

なので、未経験でも安心してカイスケを利用できます。

しん
カイスケを運営するカイテク株式会社に問い合わせたところ、仕事によっては未経験可の仕事も多くあるとのことでした。

 

カイスケスタッフの中には、初任者研修を取得して未経験でカイスケを利用した方がいます。

食事介助や爪切り、リネン交換などの介護業務をカイスケで学んだとのことです。

カイスケスタッフの口コミが読みたい方はこちらの記事をどうぞ。

合わせて読みたい
カイスケの20件の口コミ紹介|口コミからわかったメリット・デメリットも解説します。

続きを見る

 

ただし、未経験者には厳しい仕事もあるので、カイスケを利用するなら仕事選びが大切です。

 

介護未経験者が選ぶべきカイスケの仕事

カイスケには、日勤や遅番、夜勤、2時間のショートなどさまざまなスケジュールの仕事があり、仕事内容も食事介助や入浴介助、見守り、レクなど色々です。

なかには、介護未経験者にはハードルが高い仕事もあります。

 

具体的には、夜勤や入浴介助は避けましょう。

なぜなら、夜勤は人員配置が少ないため、特変があった時に対応できるスキルが求められるため、未経験者には無理です。

また、入浴の現場は滑りやすく事故のリスクが高いため、しっかりした介護技術が求められるため、未経験者にはハードルが高いです。

 

ではどんな仕事を選べばいいのか?

 

ズバリ、ショートの食事介助の仕事です。

食事介助の仕事は、担当者もそばにいてくれてサポートしてくれるので、未経験でもできます。

なので、朝食介助や昼食介助などの短い時間で、サポートする仕事を選びましょう。

 

具体的にはこんな仕事がおすすめです。

仕事内容:夕食介助
勤務時間:17:00~19:00
給与:3600円

 

仕事内容:夕食介助
勤務時間:17:30~19:30
給与:3200円

 

介護施設がカイスケスタッフに求めていること

介護施設側が、求めていることはシンプルに必要な介護をすることです。

介護施設は高齢者の生活の場であり、生活を支えるために必要な介護があります。

人手不足などで、必要な介護が足りない時間に介護施設はカイスケを利用しているんです。

 

つまり、求められた介護をしっかりと行うことが大切です、

 

介護未経験でカイスケを利用するときの心構え

つづいて、カイスケスタッフとして仕事をする時の心構えについて解説します。

カイスケで働くときの心構え

・職場へは早めに行く

・挨拶はきっちりする

・勝手に動かない

 

それでは一つずつ解説します。

 

職場へは早めに行く

基本的にカイスケの仕事は単発の仕事なので、ほとんどが初めて行く土地になります。

そのため、道に迷ったりで想定の時間につけないことも考えられます。

なので、時間にゆとりをもって職場へ着けるようにすることが大事です。

しん
僕も初めての仕事で駅から逆の方へ進んでしまい、慌ててダッシュした経験があります。

 

挨拶はきっちりする

挨拶は基本の「き」です。

担当者だけでなく、利用者さんにも元気よく挨拶しましょう。

挨拶が丁寧なだけで好印象。

 

勝手に動かない

仕事中は、勝手に動かないことが大事です。

一つの仕事が終わったら必ず報告して、指示をもらいましょう。

 

以上がカイスケで働くときの心構えになります。

 

カイスケの登録から給与GETまでの流れ

カイスケ登録

続いてカイスケの登録から給料GETまでの流れを解説します。

カイスケの登録から給料GETまでの流れ

STEP1 登録

STEP2 仕事探し

STEP3 仕事当日

STEP4 給与振込

 

カイスケを利用すると上記の流れで進んでいきます。

それでは、STEPごとに解説します。

 

STEP1 登録

カイスケ登録

登録は簡単で無料でできます。

指示に従ってポチポチ入力するだけなので、10分もあれば完了します。

≫カイスケの無料登録はこちら

 

入力内容は下記になります。

・SMS認証

・パスワード

・名前、生年月日、住所

・経験、自己紹介、転職意欲

・プロフィール写真

・身分証明書

・保有資格

全て入力すると資格審査となり、審査を通過するとメールが届きます。

 

STEP2 仕事探し

カイスケ登録

登録が完了すると、仕事探しです。

カイスケの仕事は、地域やサービス、勤務時間などから絞り込むことが可能です。

 

最短で2日後の仕事を選ぶことができます。

仕事の内容は、業務内容だけでなく、勤務スケジュールや責任者の挨拶、持ち物などを閲覧することができます。

仕事に応募する時は、口座情報の登録が必須です。

 

STEP3 仕事当日

カイスケ登録

仕事当日は、予定時刻に出勤して、QRコードで出勤手続きをします。

その後、施設の担当者から仕事内容や利用者さんのアセスメントを閲覧して、業務をこなします。

しん
5分前には施設へ行くようにしましょう。

 

STEP4 給与振込

カイスケ登録

仕事が完了すると、QRコードで退勤手続き、事業所評価をして完了です。

給与は即受け取りも可能です。

即入金には手数料550円かかります。

 

カイスケの利用の流れはこんな感じです。

 

カイスケの体験談紹介や登録から給与GETまでの流れを画像を入れつつ詳しく解説している記事があるので合わせてどうぞ。

合わせて読みたい
カイスケで働いた体験談を紹介!登録から給料GETまでを画像つきで解説します。

続きを見る

 

まとめ:未経験でもどんどん働こう

今回は、介護未経験でもカイスケで働ける理由や未経験者におすすめの仕事も紹介しました。

 

繰り返しになりますが、カイスケは未経験でも利用可能です。

なぜなら、カイスケスタッフを受け入れる介護施設側も受け入れ態勢整えてくれているからです。

ただし、夜勤や入浴介助などの仕事は未経験ではハードルが高め、ショートの食事介助などがおすすめです。

 

カイスケの良い点は、いろんな施設で働けて経験が積めることです。

介護施設側も受け入れ体制を整えてくれてるので、どんどん働きましょう。

カイスケを無料登録する

 

今回は以上になります。

-エージェントから探す

© 2022 介護の転職エージェント完全ガイド