転職ノウハウ

介護面接のベストな服装は?身だしなみや持ち物まで詳しく解説。

介護面接服装

悩む人
介護面接で着ていくべき服装が知りたい。スーツじゃないとダメ?身だしなみで気を付けることも知りたい。

そんな悩みにお答えします。

 

介護面接で採用担当者に好印象をもたれるには、服装や身だしなみも重要です。

職歴や学歴がいくら素晴らしくても、服装が不潔だったり、個性的すぎると不採用になってしまいます。

 

この記事では、介護面接で好印象をもたれる服装を紹介するだけでなく、持ち物や入出時のマナーまで解説します。

記事を読めば、介護面接で着ていくべき服装がわかり、転職活動をすすめられます。

 

介護転職するならマイナビ介護の利用がおすすめです。

マイナビ介護は、求人紹介や面接対策、入職後のアフターフォローまで手厚くサポートしてくれます。

僕もマイナビ介護を利用して転職が成功しました。

マイナビ介護を無料登録する

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、10年以上の介護経験がある現役の介護士です。

直近で7社の面接を受けて、5社から採用していただきました。

Twitterもやってます。(@shinbloger

介護面接はスーツを着ていくべき?

結論から言うと、特に指定がない場合はスーツを着ていくのが基本的なマナーです。

面接では、職歴や学歴はもちろんですが、見た目や第一印象も重要な要素となります。

 

第一印象をよくするには、スーツを着ていくことです。

身だしなみの整ったスーツを着ていくことで、信頼性や誠実さをアピールできます。

 

面接の目的は、採用担当者に好印象をもたれて、採用してもらうことですから。

カジュアルな服装よりもスーツを着ていく方が採用率は上がります。

 

とはいえ、スーツを持っていなかったり、直近の面接でスーツが準備できなかったり、企業によっては私服を指定されることもあります。

そんな方向けに、スーツをもっていない時に面接で着ていくべき服装についてまとめた記事があるのでそちらをご覧ください。

 

【女性向け】介護面接の服装のポイント

それでは、女性向けの介護面接での服装のポイントを紹介します。

 

髪型・メイク

面接ウケする髪型は、大前提として「清潔感」があることが大事。

前髪が目にかからない、分け目がキレイでボサボサではなく全体的に整っている。

そんな髪型であれば、ショートカット、ボブ、セミロング・ロングなどなんでもOKです。

 

前髪が長めであれば、髪色と同じピンで止めて、顔にかからないように。

長い髪は、低めのポニーテールで結んでおくといいです。

部分に応じてワックスを使うのもおすすめです。

 

メイクは濃すぎず、薄すぎずのナチュラルメイクにしましょう。

 

スーツ

スーツのカラーは黒や紺、グレーなどの落ち着いた色がおすすめです。

スーツの柄は無地が無難です。

ピンストライプ程度の控えめなものであれば、ストライプ柄でもいいです。

 

レディーススーツには1つボタンから3つボタンまで、さまざまなタイプがあります。

ボタンの数はいくつでも構いませんが、ボタンはすべて留めるようにしてください。

 

インナー

インナーは柄や光沢のない、白や淡い水色がいいです。

 

パンツ

パンツは、スカート・ズボンどちらでもOKです

スカート丈は座った時にひざから5センチ以内、立ち上がっている時にはひざが隠れる位の長さがおすすめです。

 

靴はミドルヒールのパンプスがいいです。

色は黒がおすすめです。

 

カバン

A4サイズが入るトートバックがいいです。

黒、紺、茶色を選びましょう。

ブランドものは辞めましょう。

 

【男性向け】介護面接の服装のポイント

介護面接男

つづいて、男性向けの介護面接での服装のポイントを紹介します。

 

髪型

清潔感や爽やかさな印象を与える髪型にしましょう。

色は、ナチュラルな黒髪で、短めがいいです。

 

耳やおでこはだしましょう。

ワックスやスタイリング剤を使って、キチンとセットするのがおすすめです。

 

スーツ

スーツの色は、黒かネイビー、グレーがおすすめです。

個人的には、ネイビーが若々しく見えるのでいいと思います。

 

インナー・ネクタイ

インナーは、無地の白がいいです。

ネクタイは、無地の青やネイビー、グレーがおすすめです。

 

靴下

靴下は、黒か薄い紺がいいです。

派手な色や柄は避けましょう。

 

革靴にしましょう。

色は、黒か茶色の無地のバックがおすすめです。

 

カバン

A4サイズが入る手提げバックがいいです。

色は黒、紺や茶色の無地を選びましょう。

ブランドものは辞めましょう。

 

介護面接で気を付けるべき身だしなみ

介護面接では、スーツを着ればそれでいいわけではありません。

大事なことは清潔感やビジネスのTPOにあっているかどうかです。

 

清潔感をだすために、身だしなみの気をつけるべきポイント紹介します。

・スーツにしわがないか

・襟や袖に汚れはないか

・ズボンに折り目があるか

・ほつれがないか

・フケやほこりがついていないか

・サイズはあっているか

上記のポイントを意識してクリアしていきましょう。

 

おすすめは、青木や青山などの紳士服店へいって、「面接で好印象のビジネススーツをお願いします」と言ってください。

プロの店員さんが身体のサイズにあったスーツを用意してくれます。

 

3万ぐらいあれば一式揃うはずです。

高いと思うかもですが、希望の企業に入るためなら安い投資だと思います。

 

また、しわが合ったり、ズボンに折れ目がない場合は、クリーニングにだしましょう。

 

介護面接で持っていくべき持ち物

つづいて、介護面接で持っていくべき持ち物を紹介します。

介護面接でもっていくべき持ち物

・履歴書と職務経歴書

・資格の認定証

・筆記用具とメモ帳

・マスクやハンカチ

 

それでは一つずつ解説します。

 

履歴書と職務経歴書

履歴書と職務経歴書は必須です。

折れ目がつかないようにクリアファイルに入れて持っていきましょう。

 

履歴書の書き方が知りたい方はこちら

職務経歴書の書き方が知りたい方はこちら

 

資格の認定証

介護福祉士や社会福祉士などの資格証を持っていきましょう。

企業によっては、原本やコピーなどの指定があるので確認してください。

 

筆記用具とメモ帳

面接時に、入職日の日程調整や必要な内容をメモしたりする場合があるのでメモ帳を持っていきましょう。

また面接時にアンケートを求められることもあるので、筆記用具も必須です。

 

担当者の名前と連絡先

採用担当者の名前と連絡先はちゃんと控えていきましょう。

受付時に必要になったり、急な体調不良や電車の遅延により、連絡する必要がでるかもしれません。

 

マスクやハンカチ

コロナ化の現状では、面接もマスクを着用しておこないます。

エチケットとして、マスクとハンカチは必ず持っていきましょう。

 

介護面接で持っていく持ち物はだいたいこんな感じです。

 

パートの介護面接での服装は?

パートの面接でも、スーツがベストです。

面接にふさわしいスーツを持っていないなら、それ相応の服装でも大丈夫です。

 

女性なら、落ち着きのあるカラーのワンピースにジャケット、ブラウスにスカートというスタイルでもいいです。

シャキッとしたしわのない服を選びましょう。

 

男性なら、落ち着いた色のワイシャツにジャケットやカーディガンを羽織るのもいいです。

上下統一したデザインやカラーではなくてもいいですが、黒や紺、茶などの落ち着いた色にしましょう。

 

繰り返し伝えていますが、清潔感のある服装で面接にいきましょう。

ちなみに、パートの介護面接で着ていくべき服装についてまとめた記事はこちらになります。

 

夏場でもスーツでいくべき?

結論から言うと、特に指定がなければ夏場でもスーツでいきましょう。

 

暑いですが、そこは我慢です。

道中暑いので、ジャケットは脱いでいきましょう。

しわにならないように注意してください。

 

ワイシャツは、長袖にしてください。

暑いので半そでにしたい気持ちはわかりますが、長袖が面接にふさわしいです。

暑いからといって、腕まくりはNGです。

 

介護面接での入出や退出のマナー

ここでは介護面接での入出や退出のマナーについて解説します。

入出の仕方

・ドアを3回ノックする

・「どうぞ」と言われから入出する

・採用担当者にお辞儀する

・椅子の横に立ち、名前を伝える

・着席をうながされてから座る

入出の際には、上記のポイントを意識してください。

 

退出の仕方

・面接が終わったら、座ったままお礼を言う

・ドアの前にいき、振り返ってお辞儀する

・静かにドアを開閉する

退出の際には、上記のポイントを意識してください。

 

最後に

今回は、介護面接の服装について詳しく解説しました。

 

繰り返しになりますが、介護面接では清潔感のあるスーツでいくのがベストです。

清潔感のあるスーツであれば、服装において全く問題なしです。

あとは、明るく、元気よく、笑顔で面接にのぞめればきっと採用してもらえるはずです。

 

ちなみに、面接で鉄板で聞かれる質問の回答例を紹介した記事があるので知りたい方はこちらをご覧ください。

 

今回は以上になります。

-転職ノウハウ

© 2022 介護の転職エージェント完全ガイド