転職ノウハウ

大ピンチ!介護面接でスーツを持っていない時に着ていくべき服装

2021年12月30日

介護面接

悩む人
■介護面接ではスーツを着ていくべきですか?

■スーツを持っていない時はどういう服装がいいですか?

■パートの介護面接でもスーツを着ていくべきですか?

そんな悩みにお答えします。

 

介護面接ではスーツを着ていくべきです。

しかし、スーツを持っていなかったり、直近の面接でスーツが準備できないなどのケースで困っている方もいるのではないでしょうか?

 

この記事では、スーツを持っていない時の介護面接で着ていくべき服装について男女別で解説していきます。

記事を読めば、介護面接で着ていくべき服装が分かります。

 

介護転職するならマイナビ介護がおすすめです。

マイナビ介護は、求人紹介や面接対策、入職後のアフターフォローまで手厚くサポートしてくれます。

僕もマイナビ介護を利用して転職が成功しました。

マイナビ介護を無料登録する

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、10年以上の介護経験がある現役の介護士です。

直近で7社の面接を受けて、5社から採用していただきました。

Twitterもやってます。(@shinbloger

介護面接ではスーツが基本。

冒頭でもお伝えしましたが、介護面接ではスーツが基本です。

面接で採用してもらうには、第一印象も重要な要素となります。

第一印象を良くするには、見た目やふるまいが重要です。

 

もし、職歴や学歴が同等で一方が私服、一方がスーツなら確実にスーツの方が選ばれるでしょう。

だから、介護面接ではスーツがベストです。

 

スーツを持っていないなら友達に借りてもいいし、安い物ならAmazonで5000円で手に入ります。

紳士服の青山や青木に行けば、20000円でそこそこいいものが手に入ります。

買うのが嫌なら、レンタルもできますよ。

 

できることならスーツはいいものを買うべきです。

仕事は、生活レベルや生活環境に大きな影響があります。

入社して10年、20年もしくはもっと長い期間働くことになるかもしれません。

そのため、職場選びには妥協しない方がいいし、入りたい職場に入社するためには妥協しない方がいいです。

だから、スーツにもこだわるべきです。

 

とはいえ、スーツを持っていなかったり、面接が直近すぎて準備ができなかったり、企業によっては私服で来るように指定される場合もあります。

そんな人向けに、スーツを持っていない時に面接で着ていくべき服装を紹介していきます。

 

【女性向け】スーツを持っていない時に着ていくべき服装

それでは、女性向けにスーツを持っていない時に着ていくべき服装を紹介します。

 

ジャケット

スーツを持っていなくてもジャケットは着ていきましょう。

ジャケットを羽織るだけでピシッとした雰囲気がだせます。

 

色は、黒や紺、グレーがおすすめです、襟付きのモノを選びましょう。

柄モノやデザイン性の高いモノは避けてください。

 

インナー

インナーは、シャツ、ブラウス、カットソー、ニットなどで大丈夫です。

白、オフホワイト、淡いピンク、クリーム色、ライトブルーなど、明るくて清潔感のある色がおすすめです。

 

柄モノやカジュアルなモノ、フリルやレースを強調するデザインはさけてください。

胸元が大きく開いたモノも避けるべきです。

 

ボトムス

ボトムスは、スカート・パンツどちらでもOKです。

色は、黒や紺、グレーがおすすめです。

柄モノやデザイン性が高いモノは避けてください。

 

スカートの丈は膝が隠れる程度の長さが良いです。

椅子に座ったときに短くなりすぎるものは避けましょう。

 

パンツは、丈に気をつけて

長すぎるとだらしない印象を与える

 

ストッキング

パンツの場合でも、スカートの場合でも、ストッキングを着用

色は無地のベージュを選び、柄やラメの入っているものや、肌の色にほど遠い色物は避けた

 

ミドルヒールのパンプスがおすすめです。

色は黒が無難です。

 

ミュールやサンダル、ブーツやスニーカーは避けましょう。

派手な飾りがある靴も避けるべきです。

 

鞄・バック

A4サイズが入るトートバックがおすすめです。

色は、黒、紺、茶色を選びましょう。

柄モノやブランドモノは避け、ストラップは外しましょう。

 

アクセサリー

時計と結婚指輪以外はつけないほうがいいです。

カジュアルすぎる時計や、豪華すぎる時計も避けましょう。

 

髪型・メイク

前髪が目にかからない、分け目がキレイでボサボサではなく全体的に整っている。

そんな髪型であれば、ショートカット、ボブ、セミロング・ロングなどなんでもOKです。

 

前髪が長めであれば、髪色と同じピンで止めて、顔にかからないように。

長い髪は、低めのポニーテールで結んでおくといいです。

 

メイクは濃すぎず、薄すぎずのナチュラルメイクにしましょう。

 

【男性向け】スーツを持っていない時に着ていくべき服装

つづいて、男性向けにスーツを持っていない時に着ていくべき服装を紹介します。

 

ジャケット

スーツがなくてもジャケットは必ず着ていきましょう。

色は、黒・紺・グレーなどがおすすめです。

柄モノやデザイン性の高いモノは避けてください。

 

インナー

インナーは、白や薄い色のYシャツがおすすめです。

柄モノは避けてください。

 

ボトムス

ボトムスは、スラックスやテーラードパンツがおすすめです。

色は、黒や紺、グレーから選びましょう。

 

ジャケットと同色にする必要はありません。

柄モノやデザイン性の高いものは避けてください。

 

靴は、黒か茶の革靴がおすすめです。

スニーカーやサンダルは避けてください。

 

靴下は、黒か薄い紺がいいです。

派手な色や柄は避けましょう。

 

カバン

A4サイズが入る手提げバックがいいです。

色は黒、紺や茶色の無地を選びましょう。

柄モノやブランドものは避けましょう。

 

髪型

清潔感や爽やかさな印象を与える髪型にしましょう。

色は、ナチュラルな黒髪で、短めがいいです。

 

耳やおでこはだしてください。

ワックスやスタイリング剤を使って、キチンとセットすると清潔感がでて好印象です。

 

介護面接で着ていくべきスーツのポイント

介護面接ではスーツを着ていくべきです。

もしスーツを準備するならスーツを選ぶ時のポイントを3つ紹介します。

 

一つめは、スーツの色は黒、紺、グレー選びましょう。

派手すぎない落ち着いた色を選ぶことで、好印象をもたれます。

 

二つめは、Yシャツは無地の白です。

無地の白のYシャツだと黒や紺のスーツに合いやすいのでピシッと見えます。

 

三つめは、サイズの合ったスーツを選ぶです。

サイズが小さかったり、大きかったりすると滑稽に見えます。

第一印象をよくするためには、自分の体に合ったスーツを選ぶべきです。

スーツを選ぶなら、紳士服店へいって採寸してもらうとピッタリサイズのスーツが手に入ります。

 

上記のようなポイントを意識すると第一印象をよくすることができ、採用率も上げられるはずです。

 

詳しくは、介護面接で着ていくべき服装について解説した記事があるのでそちらをご覧ください。

 

介護面接で採用をもらうための身だしなみ

介護面接の身だしなみで最も大切なのは清潔感です。

清潔にしている方は、信頼できます。

 

サイズが合った服を着ている、しわや汚れがない、こうしたことがちゃんと行えている人は信頼できます。

また清潔にすることは、相手を不快にさせないための最低限のマナーです。

なので、身だしなみでは清潔感が重要視してください。

 

清潔感を出すために気を付けるポイントを紹介します。

・スーツにしわがないか

・襟や袖に汚れはないか

・ズボンに折り目があるか

・ほつれがないか

・フケやほこりがついていないか

・サイズはあっているか

・爪は伸びていないか

・革靴は汚れていないか

 

こういったポイントを意識してクリアしていけば清潔感をだすことができます。

 

介護面接で持っていくべき持ち物

つづいて、介護面接で持っていくべき持ち物を紹介します。

・履歴書と職務経歴書

・資格の認定証

・筆記用具とメモ帳

・マスクやハンカチ

 

上記のモノを持っていけば問題なしです。

 

パートの介護面接でもスーツを着ていくべきですか?

結論を言うと、パートの面接でもスーツを着ていくべきです。

 

繰り返しになりますが、スーツを着ていくことで、第一印象がよくなります。

その結果、採用率が上がるのでたとえパートでもスーツを着ていく方がいいと思います。

 

とはいえ、スーツでなくても清潔感のある服装であれば問題なしです。

ちなみに、パートの介護面接で着ていくべき服装についてまとめた記事はこちらになります。

 

さいごに:介護面接では明るく笑顔でのぞもう

今回は、介護面接でスーツを持っていない時の着ていくべき服装について解説しました。

 

繰り返しになりますが、介護面接では見た目は採用不採用に関わる重要な要素です。

いくら職歴や学歴が素晴らしくても、パーカーにジーンズ、サンダルでいったら不採用になります。

なので、スーツでビシッと決めていくべきです。

 

あとは、笑顔で元気よく面接にのぞみましょう。

明るく元気なほうが好印象をあたえられます。

 

ちなみに、面接でよく聞かれる質問とその回答例を紹介した記事があるので知りたい方はこちらをご覧ください。

 

今回は以上になります。

-転職ノウハウ

© 2022 介護の転職エージェント完全ガイド