転職ノウハウ

【介護転職】採用率をアップさせる履歴書の書き方

悩む人
■履歴書の書き方が分からない

■採用担当者に好印象をもたれる履歴署はどう書けばいいの?

■履歴書はどういったフォーマットを使うべき?

そんな悩みにお答えします。

 

社会人であれば履歴書や職務経歴書は一度は書いた経験がある方がほとんどだと思います。

しかし、頻繁に書くものでもないので、いざ書くとなると悩みますね。

 

僕も最近介護転職しましたが、久しぶりに履歴書を書いて苦戦しました。

試行錯誤しながらも、7社受けて5社から採用いただくことができました。

 

この記事では、採用担当者に好印象をもたれる履歴署の書き方を紹介します。

記事を読めば好印象をもたれる履歴書の書き方がわかり、転職を有利にすすめられるはずです。

 

手っ取り早く好印象をもたれる履歴書を作成するならマイナビ介護の利用がおすすめです。

なぜなら、マイナビ介護は履歴書や職務経歴書の添削もしてくれるからです。

マイナビ介護のアドバイザーは転職のプロ、アドバイザーのサポートを受ければ最高の履歴書が作成できます。

 

僕も面接前にマイナビ介護のアドバイザーに書類添削してもらいました。

「なんの問題もないです。バッチシです。」と言ってもらえて自信をもって面接にのぞむことができました。

マイナビ介護を無料登録する

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、10年以上の介護経験がある現役の介護士です。

直近で7社の面接を受けて、5社から採用していただきました。

Twitterもやってます。(@shinbloger

 

ちなみに、職務経歴書の書き方を知りたい方はサンプル付きで細かく解説した記事があるのでそちらをご覧ください。

履歴書を書く前に準備するモノ

まずは履歴書を書く前に、準備するモノをお伝えします。

履歴書を書く前に準備するモノは5つあります。

・履歴書…市販のモノでOK

・認印…シャチハタは避けましょう。

・油性のボールペンか万年筆

・証明写真…タテ4cm✕ヨコ3cm

・履歴書に記載する資格証明書のコピー

 

履歴書の書く時の注意点

履歴書を書く時の注意点は3つです。

・消せない油性のボールペンで書く

・丁寧な字で書く

・間違えたら原則書き直し

 

修正ペンを使ったり、訂正印での書き直しはNGです。

失敗したら新しく書き直しをしましょう。

 

パソコンと手書きどっちがいい?

指定がなければどちらでもOKです。

 

個人的には、パソコンで書くことをおすすめします。

なぜなら、介護転職するなら複数の企業に面接にいくはずです。

そうなると複数枚履歴書を用意する必要があるので、パソコンで作っておく方が効率的だからです。

履歴書のフォーマットはこちら

 

履歴書の書き方(サンプルを元に細かく解説)

履歴書サンプル

上の画像が履歴書のサンプルです。

サンプルを元に履歴書の書き方を解説していきます。

項目ごとに気をつけるポイントも合わせてお伝えします。

 

➀日付

履歴書の日付は西暦・和暦を統一すること。

日付は、書類を提出する日を記入。

 

面接時に提出なら面接日、もし送付するなら投函日を記入してください。

 

②氏名・印鑑

氏名は丁寧に高さや間隔をそろえて記入。

ふりがなは、「ふりがな」か「フリガナ」か、用紙の項目に合わせる。

 

印鑑は、シャチハタは不可。

認印を使ってください。

傾かないように丁寧に押印してください。

 

③生年月日

年の表記は他の項目と西暦・和暦を合わせる。

年齢は、➀日付に記入した時点での年齢を記入。

 

④現住所

住所は省略せずにマンションの部屋番号まで正確に記入。

原則として住民票に記載されている住所を記入してください。

 

連絡先は、つながりやすい電話番号を記入しましょう。

 

⑤証明写真

写真のサイズは、縦4cm×横3cmが一般的です。

 

撮影の際の注意点は下記になります。

・履歴書の提出する3ヶ月以内のモノ

・専門のフォトスタジオで撮影する

・証明写真ボックスやスマホで自撮りした写真は避ける

・無帽で、男性はスーツにネクタイ、女性はジャケットもしくはリクルートスーツを着用する

・髪が明るすぎる場合は、暗めに戻す

 

⑥学歴・職歴

学歴を先に書いて、その後職歴を記入。

学歴は、最終学歴の一つ前から書けばOKです。

高卒なら中学校から、大卒なら高校から記載してください。

 

スペースが足りない時はどうすればいいの?

学歴を削りましょう。

最終学歴の1つ前から書いてスペースをあけましょう。

 

職歴はどこまで書けばいいの?

正社員や契約社員の職歴を記入すれば問題ありませんが、基本的にすべての職歴を記入すべきです。

アルバイトや派遣などでもアピールにつながる職歴なら積極的に記入しましょう。

 

ただし、短期間の職歴だと逆効果につながる可能性があるので、少なくとも3ヶ月以上の職歴を記入しましょう。

 

⑦資格・免許

取得日が早い順で記入。

資格が多い場合には、介護に関する資格を記入するようにしましょう。

 

間違いやすい介護資格の正式名称例

・ホームヘルパー2級 → 訪問介護員2級養成研修課程修了

・ケアマネジャー → 介護支援専門員

・初任者研修 → 介護職員初任者研修

 

明記するとアピールにつながる介護・福祉の資格

・認知症ケア専門士

・福祉住環境コーディネーター1級・2級・3級

・ガイドヘルパー(移動介護従事者)

・難病患者等ホームヘルパー

・福祉用具専門相談員

・手話通訳士

・介護食士

・音楽療法士

・介護予防運動指導員

・高齢者コミュニケーター

・介護事務(ケアクラーク)

 

ヘルパー2級、実務者研修、介護福祉士の資格をもっているので、すべて書くべきですか?

介護福祉士のみでOKです。

途中経過の資格は書く必要がありません。

 

⑧【最重要】志望動機

志望動機は、採用担当者も最も注目しているところであり、履歴書の最重要ポイントです。

採用担当者は志望動機から、自社への入社意欲が高いかどうかを見極めています。

入社して何がしたいのか、なぜ入社したいのか、入社して長く働き活躍してくれる人材かを見ているんです。

 

なので、志望動機を書く上で意識すべきことは、

自分がその会社で活躍したいとの意思表示をすること

とにかく「長く働くつもりです」という熱量が相手に伝えること

になります。

 

志望動機の書き方や例文を見たい方はこちらをご覧ください。

 

⑨本人希望記入欄

希望する勤務地や勤務時間を記入するのが一般的です。

特にない場合は「特になし」と書くのではなく、「貴社規定に従います」としておきます。

育児や介護といった特別な事情があり、勤務地や勤務時間が限定される場合もここに記入するようにします。

 

採用担当者が履歴書でチェックしているポイント

採用担当者が履歴書でチェックしているポイントは下記になります。

 

チェックしているポイントは3つ

・経歴

・資格

・志望動機

 

これらの情報から自社で求めている人材とマッチしているか、長く活躍してくれる人材かを見極めようとしています。

経歴や資格については、短期間ではどうすることもできない箇所です。

しかし、志望動機は努力次第でいくらでも改善できる箇所です。

 

なので、履歴署を書く上で志望動機には力を入れて書きましょう。

 

まとめ

今回は、履歴書の書き方について解説してきました。

 

介護転職は、そこまでハードルは高くありません。

介護業界は、まだまだ人手不足で転職者有利の状況がつづいているからです。

 

なので、最低限の書類作成と面接対応ができれば採用してもらえるので、心配しなくても大丈夫です。

転職活動を楽しんで取り組めば、きっといい結果が返ってくるはずです。

 

今回は以上になります。

-転職ノウハウ

© 2022 介護の転職エージェント完全ガイド